• 【あの頃】から僕たちは、【絶対デュエマ】だったんだ。

    こんにちは!マスキングです。

    今回は、2009年に登場した【黒キリコ】デッキを紹介します。

    2009年6月『神化編 第1弾』(DM-32)にて登場した《エンペラー・キリコ》。3体のクリーチャーを踏み倒せる強烈な能力で注目を集め、その後、9月に発売された『神化編 第2弾 太陽の龍王』(DM-33)で《母なる星域》が登場したことにより、召喚が容易になり一気に環境をトップに躍り出ました。

    当時の《エンペラー・キリコ》デッキは、《ヘヴィ・デス・メタル》を揃えるタイプや《ミラクルとミステリーの扉》と組み合わせたタイプ、《超竜ヴァルキリアス》を採用しドラゴンに寄せた【ドラキリコ】など非常に多岐にわたっていました。

    今回紹介するのはその中でも、当時メジャーだったタイプの1つ【黒キリコ】で、2010年5月に《エンペラー・キリコ》が殿堂入りする直前の時期まで活躍した形です。

    デッキレシピ

    画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 黒キリコ2009-1024x896.png
    カード名枚数
    黙示聖者ソルハバキ1
    フェアリー・ライフ4
    鼓動する石版2
    ダイヤモンド・ソード1
    エナジー・ライト1
    天真妖精オチャッピィ2
    母なる紋章1
    母なる星域2
    神秘の宝箱1
    魂と記憶の盾1
    黙示聖者ファル・レーゼ2
    パクリオ1
    爆進エナジー・スパイラル1
    サイバー・ブレイン1
    ノーブル・エンフォーサー1
    魔弾バレット・バイス2
    腐敗無頼トリプルマウス2
    蒼狼の始祖アマテラス4
    アクア・サーファー1
    不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー1
    威牙の幻ハンゾウ2
    聖鎧亜キング・アルカディアス1
    エンペラー・キリコ3
    光神龍スペル・デル・フィン2

    コンセプト

    とにかく《エンペラー・キリコ》の早期着地を狙います。

    《蒼狼の始祖アマテラス》が非常に柔軟な動きをします。状況に応じて、ブースト・ドロー・ハンデス・速攻メタを使い分けます。《母なる星域》を絡めた《エンペラー・キリコ》召喚ルートも見逃さないようにしましょう。

    余談ですが、《蒼狼の始祖アマテラス》の登場当初は、山札を見てから呪文を使用するかクロスギアを使用するかを選択することが出来ました。余りに汎用性が高すぎる事から、山札を見る前に呪文かクロスギアを選択するようエラッタが行われましたが、結局現在ではプレミアム殿堂カードに指定されています。

    《エンペラー・キリコ》の召喚が決まれば、おおよそ大型クリーチャーが並びます。《蒼狼の始祖アマテラス》から《ダイヤモンド・ソード》を唱える事でフィニッシュを狙いたいですが、出てきたクリーチャーが心細い場合は《母なる星域》等から再度《エンペラー・キリコ》を狙う場合もあります。

    サブルートに《聖鎧亜キング・アルカディアス》ルートも存在します。フィニッシュ時に《母なる星域》から呼び出しても強力です。

    採用カード候補

    序盤の動き;《青銅の鎧》

    同系メタに:《マナ・クライシス》

    速攻メタに:《ローズ・キャッスル》

    最後に

    今回のデッキはいかがでしたか?

    あの頃デュエルマスターズのサイトでは、他にもレギュレーションあの頃のデッキを色々紹介しています。ぜひご覧ください!

    あの頃用デッキレシピはこちら

    それではまた!


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。