• 【あの頃】から僕たちは、【絶対デュエマ】だったんだ。

    こんにちは!マスキングです。

    今回は、2009年に登場した【扉キリコ】デッキを紹介します。

    2009年6月『神化編 第1弾』(DM-32)にて登場した《エンペラー・キリコ》。3体のクリーチャーを踏み倒せる強烈な能力で注目を集め、その後、9月に発売された『神化編 第2弾 太陽の龍王』(DM-33)で《母なる星域》が登場したことにより、召喚が容易になり一気に環境をトップに躍り出ました。

    当時の《エンペラー・キリコ》デッキは、《ヘヴィ・デス・メタル》を揃えるタイプや《ミラクルとミステリーの扉》と組み合わせたタイプ、闇属性を採用し手札破壊などのコントロール要素を取り入れた【黒キリコ】など非常に多岐にわたっていました。

    今回紹介するのはその中でも、当時マイナー寄りながらもファンが多かったタイプ【扉キリコ】です。《エンペラー・キリコ》の他に《ミラクルとミステリーの扉》によって大型クリーチャーを踏み倒します。

    デッキレシピ

    カード名枚数
    フェアリー・ライフ4
    鼓動する石版2
    時空の庭園1
    エナジー・ライト3
    母なる星域2
    母なる紋章1
    神秘の宝箱1
    魂と記憶の盾1
    黙示聖者ファル・レーゼ1
    爆進エナジー・スパイラル1
    サイバー・ブレイン1
    ノーブル・エンフォーサー1
    マナ・クライシス1
    ミラクルとミステリーの扉4
    蒼狼の始祖アマテラス4
    斬隠オロチ2
    不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー1
    エンペラー・キリコ3
    光神龍スペル・デル・フィン2
    シェル・フォートレス2
    緑神龍ザールベルグ2

    コンセプト

    《エンペラー・キリコ》の着地を狙う他に、手札から《ミラクルとミステリーの扉》を発動することで早期から大型クリーチャーの着地を狙います。

    《ミラクルとミステリーの扉》が相手依存なカードのため、使用タイミングを選ぶ《魔刻の斬将オルゼキア》《戦攻竜騎ドルボラン》等の除去カードより、どのタイミングでもカードを破壊できる《緑神龍ザールベルグ》などのマナ破壊クリーチャーを採用しています。

    《ミラクルとミステリーの扉》はS・トリガーのため、速攻相手の戦いも有利に運ぶことが可能です。《黙示聖者ソルハバキ》を絡めた《エンペラー・キリコ》ルートを狙えない点がネックですが、それを補って余りあるメリットと言えるでしょう。

    フィニッシュは《エンペラー・キリコ》召喚から《斬隠オロチ》や《蒼狼の始祖アマテラス》→《母なる紋章》などで《緑神龍ザールベルグ》《シェル・フォートレス》を複数回場に出し、相手のマナを削って攻撃します。

    採用カード候補

    重く見るデッキに合わせ、《ミラクルとミステリーの扉》から出す大型クリーチャーを入れ替えるとよいでしょう。

    最後に

    今回のデッキはいかがでしたか?

    あの頃デュエルマスターズのサイトでは、他にもレギュレーションあの頃のデッキを色々紹介しています。ぜひご覧ください!

    あの頃用デッキレシピはこちら

    それではまた!


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。