• 【あの頃】から僕たちは、【絶対デュエマ】だったんだ。

    こんにちは!マスキングです。

    今回は、2011 年に登場した【バルカキリコ】デッキを紹介します。

    2009年6月『神化編 第1弾』(DM-32)にて登場した《エンペラー・キリコ》。3体のクリーチャーを踏み倒せる強烈な能力で注目を集めました。《母なる星域》等の相性の良いカードも続々と登場し、”キリコマスターズ”と呼ばれるほど環境を支配するほどに。

    その結果、2010年5月、登場からちょうど1年経過するかしないかといった時期に、殿堂入りカードに指定されました。

    とはいえ1回出せれば一気に勝負を決めることができる能力なのは変わりなく、殿堂入り後も1枚の《エンペラー・キリコ》を軸に様々なデッキが研究されました。

    今回紹介するのは、2010年12月に発売した『覚醒編 第3弾 超竜VS悪魔』にて登場した大型フィニッシャー《悪魔神王バルカディアス》を採用し、当時新登場していた超次元要素を組み込んだ【バルカキリコ】です。

    デッキレシピ

    カード名枚数
    黙示聖者ソルハバキ2
    エマージェンシー・タイフーン3
    フェアリー・ライフ4
    鼓動する石板1
    時空の庭園1
    エナジー・ライト3
    天真妖精オチャッピィ1
    再誕の社3
    母なる聖域2
    神秘の宝箱1
    母なる紋章1
    魂と記憶の盾1
    ノーブル・エンフォーサー1
    超次元ドラヴィタ・ホール3
    超次元ミカド・ホール2
    蒼狼の始祖アマテラス1
    斬隠オロチ1
    不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー1
    魔刻の斬将オルゼキア1
    ロスト・ソウル2
    超次元ガード・ホール2
    エンペラー・キリコ1
    光神龍スペル・デル・フィン1
    悪魔神王バルカディアス1

    コンセプト

    序盤は《エマージェンシー・タイフーン》→《再誕の社》のいわゆる”社エンジン”の動きでマナを伸ばしていきます。

    《超次元ドラヴィタ・ホール》は《時空の不滅ギャラクシー》を出すことで【不滅オロチ】ギミックを狙えたり、試合後半には《母なる星域》を回収して《悪魔神王バルカディアス》の召喚といった動きを狙う事ができます。

    《エンペラー・キリコ》がシールドに埋まっているなどで召喚を狙えない場合は、《超次元ガード・ホール》からの《時空の支配者ディアボロスZ》で勝負を決める事も可能です。

    採用カード候補

    除去カードの追加:《デーモン・ハンド》《ガンヴィート・ブラスター》など

    自分が狙いたい動きに合わせ、各種カードの枚数を調整するのも良いでしょう。

    最後に

    今回のデッキはいかがでしたか?

    あの頃デュエルマスターズのサイトでは、他にもレギュレーションあの頃のデッキを色々紹介しています。ぜひご覧ください!

    あの頃用デッキレシピはこちら

    それではまた!


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。