• 【あの頃】から僕たちは、【絶対デュエマ】だったんだ。

    こんにちは!マスキングです。

    第4弾『混沌の軍勢 REBELLION SYMPATHY』が公開されました!

    現在判明している収録カードリストはコチラ

    今回は敵対色がテーマになっているようです!

    敵対色とは?

    光:闇と火 水:火と自然 闇:光と自然 火:光と水 自然:水と闇

    といったように、背景ストーリー上で敵対している文明同士の事。第3弾『英雄の時空』で登場した多色カードは、全て友好色だった。

    ティザームービーから確認できたカードまとめ

    堅防の使徒アースラ》

    《薔薇公爵ハザリア》

    《炎舞闘志サピエント・アーク》

    《永刻のクイーン・メイデン》

    《猛菌剣兵チックチック》

    《血風神官フンヌ―》

    《悪魔聖霊アウゼス》

    《凶星王ダーク・ヒドラ》

    《血風聖霊ザーディア》

    《剛撃戦攻ドルゲーザ》

    3体揃うと強力な効果を発揮する”ウェーブストライカー“や、味方の数だけコストが下がる”シンパシー“が登場するみたいです!

    ウェーブストライカーとは?

    ウェーブストライカー(バトルゾーンに「ウェーブストライカー」を持つクリーチャーが他に2体以上あれば、このクリーチャーは次の能力を得る)

    お互いの場に合計3体以上存在する時、パワーアップするクリーチャー達。相手の場も含める点が珍しいですね。

    TCGでは全体的にレアリティが低く、登場当時とても作成しやすかったデッキでした。その中でも特に私が思い出深いのはこの2枚。

     《星雲の精霊キルスティン》

     《略奪秘宝ジャギラ》

    全体パワーアップも3枚ハンデスもどちらも超強力で、ゲームを決めれるカードでした。デュエプレでも登場するのでしょうか!?

    なお、ウェーブストライカー唯一のスーパーレアはこのカード。残念ながらあまり活躍していなかった印象です。

    《アドラス》

    シンパシーとは?

    シンパシー:エンジェル・コマンドおよびデーモン・コマンド(このクリーチャーを召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のエンジェル・コマンドまたはデーモン・コマンド1体につき1少なくなる。ただしコストは2より少なくならない)

    《悪魔聖霊アウゼス》より

    指定された種族のクリーチャー1体につき、召喚コストを1ずつ減らせる能力。有名なカードとしては、ティザームービーにも登場していた《剛撃戦攻ドルゲーザ》や、殿堂入りに指定されている《無双恐皇ガラムタ》など。

    《無双恐皇ガラムタ》

    ちなみに、この2枚はどちらも登場からしばらく年数が経ってから活躍したカードです。

    《剛撃戦攻ドルゲーザ》はジャイアントのコスト軽減クリーチャー《西南の超人》(DM-31)が登場後。《無双恐皇ガラムタ》は、【ゴエモンキーNエクス】や【イメンループ】といった半ループデッキのフィニッシャーとして活躍しました。

    《西南の超人》

    なお最近では、”ダブル・シンパシー”といった能力も登場しています。

    《ボルシャックライシス・NEX》

    気になるリリース日は?

    リリース日はまだ発表されていませんが、今までの例だとシティバトルイベントのスケジュールから予想できます!

    全員集合イベント最終日にメンテナンスが入る例が多かったです。)

    不確定情報なので本記事には載せませんが、気になる方はシティバトルまとめページをご覧ください。

    今後も新情報が出たら随時発信していきます。

    それではまた!


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。