• 【あの頃】から僕たちは、【絶対デュエマ】だったんだ。

    《速攻系》

    【火単速攻】

    わずか3マナでW・ブレイカーを持っている強力進化クリーチャー《機神装甲ヴァルボーグ》をメインにした、序盤からどんどん攻撃していくデッキだ!スピードアタッカーも満載だ!攻撃の手を止めずにトドメを刺そう!

    一発逆転のために、数枚だけ《アクア・サーファー》や《ホーリー・スパーク》といったS・トリガーを入れたタイプもあるぞ!

    【水火速攻】

    水文明を加えることで、バウンスとドロー能力を取り入れた速攻デッキだ!火文明のみのデッキと比較すると爆発力は劣るけど、相手のブロッカーを対処しながら戦うことができるぞ!

    このデッキはVR以上のカードは入っていないから、無課金で進める予定のプレイヤーにもお勧めだ!!

    《中速系》

    《クリスタル・ランサー》の採用率が高く、その強力さが伺えた。

    【水火t光 ビートダウン】

    火単ヴァルボーグをベースにしつつ《アクア・サーファー》《ホーリー・スパーク》といったS・トリガーを採用することで、序盤で勝負を決められなくても戦える構築になっているぞ!

    序盤は積極的に攻撃していき、S・トリガー等で耐えられてしまったら、7マナ《アクア・ガード》→《クリスタル・ランサー》で勝負を決めよう!!

    【光水火 ビートダウン】

    上記の【水火t光 ビートダウン】に《磁力の使徒マグリス》まで採用したタイプだ!手札を減らさずに展開できるクリーチャーを増やすことで、【除去コン】デッキの手札破壊戦術にも強く戦えるぞ!

    【水闇 ワーム】

    攻撃する度に相手の手札を破壊できる強力クリーチャー《卵胞虫ゼリー・ワーム》を主軸にしたビートダウンデッキだ!《ゴースト・タッチ》や《汽車男》も合わせて相手の手札を破壊し、《ゼリーワーム》で少しずつ攻撃していくぞ!

    相手が召喚した切り札は、《魔獣虫カオス・ワーム》で破壊しよう!

    【水自然 牙ランサー】

    ドロー&ブーストで相手より先にマナを増やし、《クリスタル・ランサー》《大勇者「ふたつ牙」》といった大型進化クリーチャーで攻撃を仕掛けるデッキだ!

    《アクア・ハルカス》《ペコタン》といった登場時ドロークリーチャーはもはや定番だな!このデッキでは《ミラージュ・マーメイド》も採用されている。こいつは《ペコタン》がいるときに召喚すると、なんと3枚もドローできるんだ!

    【水火自然 ビートダウン】

    ドロー&ブーストから《大勇者「ふたつ牙」》《ツインキャノン・ワイバーン》といった大型クリーチャーで攻撃を仕掛けていくデッキだ!

    【牙ランサー】と違って火文明を採用している分、スピードアタッカークリーチャーを入れることができ、より攻撃的なデッキになっている!

    《クリスタル・ランサー》は採用していないが、火文明の除去呪文と《クリスタル・パラディン》で相手のブロッカーは気にせず攻撃できるぞ!!

    【光水 アルカディアス】

    序盤をブロッカーで守りながら、《聖霊王アルカディアス》の召喚を狙うデッキだ!《雷鳴の守護者ミスト・リエス》で手札補充もばっちり!

    《アルカディアス》を一度召喚できると対処は(ほぼ)不可能!《クリスタル・ランサー》とともに勝負を決めよう!

    《コントロール系》

    コントロール系のデッキは、クリーチャー破壊や手札破壊を繰り返す【除去コン】デッキが多かった。無闇にマナを置かず、できるだけ手札を温存しながら戦う

    【光闇火 除去コン】

    2マナのブロッカーを増やして、速攻対策を増やしたタイプだ!《卵胞虫ゼリー・ワーム》の攻撃も止めることができるぞ!

    お互いにクリーチャーが並んだところで《クエイク・ゲート》を発動!一気に相手のクリーチャーを破壊して、優位に立てるぞ!

    水文明を採用していないから手札の管理が難しい!上級者向けのデッキだぞ!

    【光水闇火 除去コン】

    光の防御、水のドロー、闇の破壊、火の制圧力と4つの文明の良いとこどりをした除去デッキだ!

    このデッキは4色も採用しているので、文明毎の枚数バランスが難しい。デュエルの際は、早いうちにマナゾーンに全文明揃えるようにしよう!

    『「《エナジー・ライト》を唱えたいから水文明のカードを引くまで手札に持っておこう・・・」と考えていたら、相手の《汽車男》で捨てられちゃった!』というのはよくある話だから要注意!

    【光水闇 除去コン】

    いわゆるドロマーカラーのコントロールだ!呪文回収ができる《暁の守護者ファル・イーガ》を4枚採用することで、除去呪文を繰り返し使用できる構築になっているぞ!

    大型フィニッシャーがいないので、《卵胞虫ゼリー・ワーム》で少しずつ攻撃していこう!反撃されないように除去呪文は無闇にマナに置かず、手札に持っておこう!

    【水闇火 除去ボルメテウス】

    フィニッシャーに《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》を採用した除去コンだ!《卵胞虫ゼリー・ワーム》を採用していないから、除去カードを増やすことができたぞ!

    こちらのデッキが除去コンと分かると、序盤からドローを優先して繰り返してくるプレイヤーが多い。シールドを攻撃せずに相手のデッキ切れを狙うのも、1つの戦術だ!

    最後に

    今回紹介したデッキはいかがだったかな?気になるデッキがあったら、ぜひゲームでも作ってみてくれ!!

    デュエプレ本リリース後はカードを手に入れる機会も増えて、きっといろいろなデッキが登場してくるぞ!

    まだ知られていない、秘密のデッキが登場するかも・・・?

    2019年冬リリースのデュエルマスターズ プレイス。もう待ちきれないな!!


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。