• 【あの頃】から僕たちは、【絶対デュエマ】だったんだ。

    こんにちは!マスキングです。

    『英雄の時空』リリースから一夜明け、ランクマッチでは早速《ダイヤモンド・ブリザード》デッキが猛威を振るっていますね。

    マスキングもTwitterで紹介した【水自然ブリザード】を使用し、プラチナ5からマスターまで簡単に進めました。

    対戦動画で動かし方も紹介しているので、是非ご覧ください!

    そんな《ダイヤモンド・ブリザード》、既に様々な形が研究されていて、様々な文明と組み合わせたレシピが登場しています。

    そこで気になるのは、実際どの形が一番強いのか??

    実際のレシピを見つつ、特徴を見ていきましょう。

    《ダイヤモンド・ブリザード》サンプルデッキ集

    2色デッキ

    水型(マスキング型)

    水を採用することで《ダイヤモンド・ブリザード》を引きやすくしたタイプ。《エマージェンシー・タイフーン》が山札掘り、墓地肥やし2つの役割を担うのに加え、《緑神龍アーク・デラセルナ》のカウンターも狙うことができる優秀なカードです。S・トリガーも多く、同系や速攻デッキ相手に有利に立ち回れます。

    水型(《アストラル・リーフ》採用型)

    前環境で猛威を振るった《アストラル・リーフ》と共存させたタイプ。ドロー能力で《ダイヤモンド・ブリザード》を引きやすくしていますが、”サイバー・ウィルス”を多く採用する必要があるため、爆発力には欠けています。

    闇型

    《死胞虫エンリッチ・ワーム》《ボーンおどり・チャージャー》等で墓地に”スノーフェアリー”を溜め、《ダイヤモンド・ブリザード》召喚時の爆発力を挙げるタイプ。《プライマル・スクリーム》により《ダイヤモンド・ブリザード》を回収できる点が大きなメリット。山札切れが起きやすいのが難点ですね。

    闇型(《ロスト・ソウル》採用型)

    墓地肥やしによる爆発的ブーストから《ロスト・ソウル》を撃つ事を目指したタイプ。マスキングが当初使う予定だった秘蔵デッキです。TCGの【水闇自然ラムダビート】の使い心地を目指しました。

    闇型(速攻寄り)

    《ダイヤモンド・ブリザード》をサブの動きに添えた闇型速攻デッキ。序盤から攻撃していっても《ダイヤモンド・ブリザード》でリソースを回復できるので息切れしない点が魅力。

    火型(速攻寄り)

    【火自然速攻】に《ダイヤモンド・ブリザード》を採用したタイプ。単純な攻撃速度としては分かりやすく早いデッキです。1マナクリーチャーを大量に採用している関係上、受け寄りのデッキには苦戦しそうです。

    火型(《マイキーのペンチ》採用型)


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。