• 【あの頃】から僕たちは、【絶対デュエマ】だったんだ。

    光水イニシエート

    シンプルなイニシエート軸コントロール。《ジャスティス・バインド》は5枚目以降の《ホーリー・スパーク》としてはもちろん、相手の《光器ペトローバ》対策にもなる良カード。フィニッシュは《陽炎の守護者ブルー・メルキス》で安全に攻めることができます。

    光水t闇イニシエート

    光水のイニシエートに《デーモン・ハンド》のみ採用したタイプ。大まかな動きは上記の【光水イニシエート】と変わりません。S・トリガーで除去を厚く採用、《雷光の使徒ミール》で序盤からタップキルを狙うなど、より速攻相手に強い構築です。

    反対に、相手の《光器ペトローバ》への対処法は薄くなっています。 イニシエート同系では若干不利が付くかもしれません。

    光水t火イニシエート

    《クエイク・ゲート》を採用したタイプ。相手が溜めてきた場面も崩すことができ、《ダイヤモンド・ブリザード》を複数回使わせることで山札切れも狙えます。《バースト・ショット》を採用できる点も、《ダイヤモンド・ブリザード》相手には嬉しいですね。

    速攻対策が厚いと思いきや、《クエイク・ゲート》のおかげでコントロール同系にも強く戦える構築になっています。《アクアン》を採用できないので、手札管理が難しいのが難点ですね。

    最後に

    今回のデッキはいかがでしたか?前環境で活躍した《聖天使クラウゼ・バルキューラ》《アクアン》等のSRを所持している人には、作成しやすい点もいいですね。

    今回紹介したデッキは《ダイヤモンド・ブリザード》デッキの様な速攻気味のデッキに有利な分、《無双竜騎ボルバルザーク》軸の様な、後半にバリューを発揮するタイプのデッキには不利な側面も持ち合わせています。

    また、レジェンド帯では《神滅竜騎ガルザーク》軸のドラゴンデッキも活躍しているとの情報も入ってきています。なにやら、対《ダイヤモンド・ブリザード》以外の勝率が圧倒的との事!環境が動いていることを実感させられますね。(デッキは今度紹介します!)

    環境の移り変わりが激しいので、無理にデッキをコロコロ変えるより、自分の使いやすいデッキを使い込んだほうが、結果的に勝率が上がりそうな気がします。

    皆さんも、色々なデッキを試して自分の手に合ったデッキを探してみてくださいね!

    それではまた!


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。