• 【あの頃】から僕たちは、【絶対デュエマ】だったんだ。

    こんにちは!マスキングです。

    今回は、第3弾『英雄の時空』リリースで台頭してきた【水闇火 ボルバルザーク】(クローシスボルバル)デッキを紹介します。

    手札破壊で妨害を繰り返しながらも、《覚醒のタンザナイト》によって相手の妨害に強いタイプのボルバルザークデッキです。

    デッキレシピ

    カード名枚数
    《狩猟魚》4
    《飛行男》4
    《エナジー・ライト》4
    《ブレイン・チャージャー》3
    《地獄の門番 デスモーリー》4
    《腐敗勇騎マルドゥクス》3
    《腐敗電脳アクアポインター》4
    《デーモン・ハンド》4
    《バースト・ショット》3
    《覚醒のタンザナイト》3
    《無双竜騎ボルバルザーク》4

    コンセプト

    《飛行男》+《地獄の門番 デスモーリー》のコンボで、相手の手札とクリーチャーを破壊していきます。さらに《腐敗勇騎マルドゥクス》ならスピードアタッカーによる殴り返しもできるので、速攻相手にはとても強力な動きです。

    《覚醒のタンザナイト》は同名カードを複数回収できる点が強力!相手の手札を枯らした後に着地させ、毎ターンクリーチャーを回収しましょう。役目が終わった《腐敗電脳アクアポインター》などを自ら破壊しておくプレイも視野に入れておくといいでしょう。

    《無双竜騎ボルバルザーク》の投げ合いにも有利!相手がなんとか《無双竜騎ボルバルザーク》を召喚してきても、手札とバトルゾーンは空っぽにできているはず。こちらは《覚醒のタンザナイト》により破壊されても繰り返し《無双竜騎ボルバルザーク》を召喚することができます。

    仮に《緑神龍アーク・デラセルナ》が出てきても、小型除去を多く採用しているので充分対処できそうですね。

    採用カード候補

    環境や自分のプレイングスタイルに合わせて、色々と改造してみてください。

    序盤の動きの強化:《ゴースト・タッチ》など

    中盤の動きの強化:《デモニック・バイス》《サウザンド・スピア》など

    終盤の動きの強化:《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》など

    色々なカードを試して、お気に入りの構築を完成させてくださいね!

    最後に

    今回のデッキはいかがでしたか?

    手札破壊を多く採用した、対ボルバルザーク同系に強いボルバルザークデッキを紹介しました。《覚醒のタンザナイト》は余り姿を見なかったカードですが、これからメジャーになっていくかもしれませんね。

    あの頃デュエルマスターズのサイトでは、他にもデュエプレ用のデッキを色々紹介しています。ぜひご覧ください!

    デュエプレ用デッキレシピはこちら

    それではまた!


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。