• 【あの頃】から僕たちは、【絶対デュエマ】だったんだ。

    こんにちは!マスキングです。

    今回は、第3弾『英雄の時空』リリースで台頭してきた【光闇火自然 ボルバルザーク】(4cボルバル)デッキを紹介します。

    《ブルーレイザー・ビートル》《クエイク・ゲート》等のおなじみの盤面支配力に加え、《デモニック・バイス》によって手札へも干渉できるようになりました。

    対戦動画もあるので、まずは実際の動きをご覧ください。

    デッキレシピ

    マスキングが使っているレシピ

    カード名枚数
    《聖天使グライス・メジキューラ》2
    《鎮圧の使徒サリエス》2
    《ブルーレイザー・ビートル》4
    《光輪の精霊 ピカリエ》4
    《クエイク・ゲート》2
    《霊光の化身》1
    《デモニック・バイス》3
    《マグマティラノス》2
    《無頼聖者スカイソード》2
    《ホーリー・スパーク》4
    《デーモン・ハンド》4
    《バースト・ショット》2
    《ナチュラル・トラップ》2
    《二角の超人》3
    《無双竜騎ボルバルザーク》2
    《ロスト・ソウル》1

    理想のレシピ

    カード名枚数
    《聖天使グライス・メジキューラ》2
    《鎮圧の使徒サリエス》2
    《ブルーレイザー・ビートル》3
    《光輪の精霊 ピカリエ》4
    《クエイク・ゲート》1
    《霊光の化身》2
    《デモニック・バイス》4
    《無頼聖者スカイソード》2
    《ホーリー・スパーク》4
    《デーモン・ハンド》4
    《バースト・ショット》4
    《ナチュラル・トラップ》1
    《二角の超人》4
    《無双竜騎ボルバルザーク》3

    コンセプト

    序盤は《ブルーレイザー・ビートル》《光輪の精霊 ピカリエ》を並べ、《クエイク・ゲート》《ホーリー・スパーク》等で相手のクリーチャーを破壊していきます。その合間に《デモニック・バイス》で手札も枯らし、コントロールしましょう。

    相手の《緑神龍アーク・デラセルナ》も《ブルーレイザー・ビートル》を召喚しておけば怖くないので、攻め気味に《デモニック・バイス》を使用できます。

    《霊光の化身》は一度召喚に成功すると半永久的にタップキルを狙うことができる強力なクリーチャー。パワーアタッカー付与も嬉しいです。

    《二角の超人》は貴重な擬似ドローソース。アタッカーでもあるのでしっかり手札にキープしておきたいです。とはいえ、相手のデッキに手札破壊カードが入っているようならマナに置くのも視野に入れてプレイしましょう。

    《無双竜騎ボルバルザーク》は10ターン目以降のとどめのカードとしては勿論、中盤でも殴り返しや攻めの一手として柔軟に使い分けましょう。無理に10ターン待たないといけないわけではないので、見極めが重要です。

    採用カード候補

    環境や自分のプレイングスタイルに合わせて、色々と改造してみてください。

    序盤の動きの強化:《フェアリー・ライフ》など

    中盤の動きの強化:《光器ペトローバ》など

    終盤の動きの強化:《ロスト・ソウル》など

    色々なカードを試して、お気に入りの構築を完成させてくださいね!

    最後に

    今回のデッキはいかがでしたか?

    盤面コントロール力はとても高いですが、4文明を採用していることによる事故可能性、手札補充カードが少ないといった弱点もあります。

    とはいえ、全体的なバランスもよく、多くのデッキ相手に有利に立ち向かえるので、ランクマッチで見かける機会は多そうです。

    あの頃デュエルマスターズのサイトでは、他にもデュエプレ用のデッキを色々紹介しています。ぜひご覧ください!

    デュエプレ用デッキレシピはこちら

    それではまた!


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。