• 【あの頃】から僕たちは、【絶対デュエマ】だったんだ。

    こんにちは!マスキングです。

    今回から、第4弾『混沌の軍勢』環境のデッキを紹介していきます!

    1発目は【水闇火自然 ドルゲーザ】!第4弾SRカードの《剛撃戦攻ドルゲーザ》を軸にした、中速ビートダウンデッキです。

    他にも相性の良い新カードがリリースされる可能性もありますが、現在判明しているカードだけでもとても強力なデッキが完成したので公開します。

    実際のTCGでデッキを回してみたので、こちらも合わせてご覧ください。中々えぐい回り方をします・・・。

    デッキレシピ

    カード名枚数
    《シビレアシダケ》2
    《フェアリー・ライフ》4
    《エナジー・ライト》2
    《西南の超人》4
    《腐敗勇騎ガレック》2
    《アクア・サーファー》4
    《凶星王ダーク・ヒドラ》2
    《デーモン・ハンド》4
    《バースト・ショット》4
    《ナチュラル・トラップ》2
    《二角の超人》4
    《ロスト・ソウル》2
    《剛撃戦攻ドルゲーザ》4

    コンセプト

    《西南の超人》から《二角の超人》もしくは《剛撃戦攻ドルゲーザ》へ繋げ、アドバンテージを稼ぎながら大型クリーチャーで攻撃していくデッキです。

    《剛撃戦攻ドルゲーザ》はシンパシー能力によって複数体並べる事が容易です。ドローは任意なので、手札上限を気にせず並べていけます。

    ある程度大型が並んだら、早めに攻撃を始めましょう。《無双竜騎ボルバルザーク》の追加ターンを取られる前に殴り切れます。

    ハンデスや除去系のデッキには《凶星王ダーク・ヒドラ》を立て、ジャイアント召喚で墓地回収できるシステムを構築しましょう。

    速攻対策として《バースト・ショット》を投入しています。ウェーブストライカーに効果が薄いようなら、《ファントム・バイツ》に差し替えてもいいかもしれません。

    採用カード候補

    環境や自分のプレイングスタイルに合わせて、色々と改造してみてください。

    序盤の凌ぎに:《ファントム・バイツ》

    墓地回収の足しに:《リバース・チャージャー》

    終盤の一押しに:《無双竜騎ボルバルザーク》

    最後に

    今回のデッキはいかがでしたか?

    《西南の超人》収録のおかげで、《剛撃戦攻ドルゲーザ》を最大パワーで使用することが出来るようになりました。《二角の超人》というサブ(むしろメイン?)ルートもあるので、TCGでは見なかった活躍をするかもしれません!

    あの頃デュエルマスターズのサイトでは、他にもデュエプレ用のデッキを色々紹介しています。ぜひご覧ください!

    デュエプレ用デッキレシピはこちら

    それではまた!


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。