• 【あの頃】から僕たちは、【絶対デュエマ】だったんだ。

    こんにちは!マスキングだ!

    今回も、デュエプレ第3弾『英雄の時空』の新カード考察を行っていくぞ!

    第3弾カードリストはこちら

    今日はDM-10『聖拳編』で初登場した、5マナ2000サイクルカード達だ!

    「シールド追加」「ドロー」「手札破壊」「ブロッカー破壊」「マナ加速」と、各文明を象徴する能力をあわせ持っているクリーチャー達。1枚のカードで2種類のアドバンテージを稼ぐことができ、非常に強力だ!

    なお元々のTCGでは、水文明の能力は「相手のシールドを1枚確認する」だったため、使われる機会は少なかった。デュエプレで1ドローに変更されたのは、超絶強化と言えるだろう!

    反対に、光文明のシールド追加能力に、「自分のシールドが5つ以下なら」という制限が加わった。弱体化ではあるが、共用できる範囲だろう。

    そして地味に、レアリティもUCからRへ変更されている。能力の強さを考えると仕方ないが、無課金のマスキングには、少々集めるのにてこずりそうだ・・・。

    水文明が含まれた2種類は、他の3種類と比較して使用されることが少なかった。
    活躍の低さからか、再録回数も少ない。
    《腐敗電脳アクアポインター》に至っては再録無し。

    早速、1枚ずつ確認していこう!

    《電脳聖者エストール》

    能力ももちろんだが、種族が強力!現在活躍中の【除去イニシエート】デッキに難なく採用されそうだ!《アクアン》でしっかり拾える点もGOOD!《聖天使クラウゼ・バルキューラ》にもきれいに繋がり、文句無しの性能!

    1弾環境でよく見かけた【光水自然アルカディアス】の様なデッキでも、中盤の動きとして非常に強力だ!《青銅の鎧》から繋げたいな!

    《無頼聖者スカイソード》

    シールドとマナを増やしてくれる優秀なクリーチャー!防御しながら大型カードに繋げることげできるぞ!

    俗にいう、3→5→7の動きができる!このカードから繋げたいクリーチャーは、やっぱりコイツだよな!

    手札を2枚増やせる大型クリーチャー。様々なデッキで大活躍。
    今後の活躍も期待大。

    TCGでは、このクリーチャーから《ロスト・ソウル》に繋げることもしばしば。このカードを採用した【光闇自然コントロール】デッキは、環境で大活躍していたぞ。

    デュエプレで8マナに変更になったことで、《無頼聖者スカイソード》からキレイには繋がらなくなった。

    とはいえ、デュエプレでも【光闇自然コントロール】(俗にいうネクラコントロールだ!)は活躍中!このカードの登場で更に強化されそうだな!

    《腐敗電脳アクアポインター》

    水文明能力の強化により、《ブレイン・タッチ》を内蔵してしまったクリーチャー。手札を減らさず召喚できるクリーチャーの強さは、《アクア・ハルカス》や《光輪の精霊 ピカリエ》でよく思い知らされたプレイヤーも多いはずだ!

    自分の手札を減らさず唱えれる手札破壊呪文として現在も大活躍中。
    とりあえず発動しても強いカード。

    何も考えずに【ボルメテウスコントロール】の様なデッキに採用するだけでも、中盤の動きがグッと強力になるぞ!

    また単体の能力もさることながら、闇文明のクリーチャーという点で《アクアン》や《狂骨の邪将クエイクス》と非常に相性が良い。

    【除去イニシエート】など様々なデッキで活躍中。
    《腐敗電脳アクアポインター》は、
    デッキ内の水単色カードの割合を増やさないという点も大きな利点。
    青黒バロム】で大活躍中。
    《汽車男》《腐敗電脳アクアポインター》から繋がれば一気に優勢に!

    《腐敗勇騎ガレック》

    手札&ブロッカー破壊を兼ね備えたクリーチャー!ブロッカー破壊が状況を選ぶ能力ではあるが、きれいに決まったときのアドバンテージは最高だ!多くのデッキでブロッカーが採用されている環境なら大活躍間違いなし!

    使用イメージとしては、【ボルメテウスコントロール】の様なコントロール系のデッキ2枚ほど採用する感じだろうか。仮に相手のブロッカーがいなくても、手札破壊として活躍できる点がGOOD!

    《無頼勇騎ウインドアックス》

    火・自然のカラーリングなら、どんどん攻めるのみ!【火自然速攻】の様なデッキや【水火自然中速ビートダウン】で活躍しそうだ!《大勇者「二つ牙」》の進化元にもなるぞ!

    また、5マナのマナ加速クリーチャーという点で、やはり《二角の超人》との相性が最高だ!

    最後に

    今回収録が確定した5種類は、友好色サイクルと呼ばれるカード達だ。

    別途で、敵対色サイクルと呼ばれる5マナ2000クリーチャーたちも存在する。

    《腐敗聖者ベガ》や《腐敗無頼トリプルマウス》は印象に残っているプレイヤーも多いかもしれない。

    その中で、今回の能力調整を経た結果、マスキングがすごく気になっているカードがある。それがこのカード。

    《無頼電脳スプラッシュアックス》!なんと、超強力S・トリガー《フェアリー・シャワー》と似た能力を持つことになる・・・!

    なお、最近のカードだとこんなのも登場している。

    最新パック『 切札x鬼札 キングウォーズ!!! 』に収録されているカード。
    さすがにカードパワーが高い。

    なにはともあれ、今後登場していく5マナ2000サイクルの多色クリーチャー達は、どれもが非常に強力な能力を持っている。様々な種類のデッキで活躍が期待されそうだ!

    『英雄の時空』リリース時には、率先して集めてもいいかもしれないな!

    それではまた!


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。