• 【あの頃】から僕たちは、【絶対デュエマ】だったんだ。

    こんにちは!マスキングだ!

    今回も、デュエプレ第3弾『英雄の時空』の新カード考察を行っていくぞ!

    第3弾カードリストはこちら

    今回はDM-11『聖拳編 第2弾 無限軍団の飛翔』で初登場した、《冒険妖精ポレゴン》だ!

    《冒険妖精ポレゴン》

    長期にわたり【速攻】デッキで活躍してきたカードがデュエプレにも参戦!

    1マナながら2000という高パワーで序盤からどんどん攻撃できる。シールドをブレイクすると手札に戻るが、殴り返しや除去防止と捉えれば、一概にデメリットとも言えない。 《マグマティラノス》なんかも効かないぞ!

    手札に戻った後は、マナチャージに使って後続に繋げるもヨシ、再度召喚して攻めていってもヨシ!臨機応変に使い分けよう!

    【速攻】同士の戦いだと、殴り返し役に最適だ!《凶戦士ブレイズ・クロー》などのパワー1000クリーチャーを一方的に破壊しよう。シールドのブレイクではないので、手札に戻らなくて済むぞ!

    活躍しそうなデッキ

    やっぱり【速攻】デッキに入ってくるだろう。《無頼勇騎ゴンタ》の登場で強化された【火自然速攻】(赤緑速攻)に4枚採用したい!

    1ターン目から出せるクリーチャーが増えたのは、【闇自然速攻】(黒緑速攻)デッキも同様だ!今回はレインボーカードでの強化こそ無さそうだけど、ゆくゆく《無頼封魔アニマベルギス》なんかの登場にも期待したいな!

    また、化け物になった《ダイヤモンド・ブリザード》の登場で台頭してきそうな【スノーフェアリー】デッキでも最軽量の進化元として活躍しそうだ!《ダイヤモンド・ブリザード》のデッキは速攻からコントロールまで幅広く作成できそうで、《冒険妖精ポレゴン》は必須の進化元になってくると思うぞ!

    《ダイヤモンド・ブリザード》の考察はコチラ(サンプルデッキも紹介中!)

    サンプルデッキレシピ

    早速判明しているカードを使ったデッキを作ってみたぞ!シンプルに、火と自然の速攻デッキだ!!

    【火自然速攻】

    カード名枚数
    《凶戦士ブレイズ・クロー》4
    《スナイプ・モスキート》4
    《冒険妖精ポレゴン》4
    《ピーカブのドライバー》2
    《ボルカニック・アロー》4
    《怒髪の剛腕》4
    《シビレアシダケ》4
    《無頼勇騎ゴンタ》4
    《襲撃者エグゼドライブ》4
    《青銅の鎧》2
    《レべリオン・クワキリ》4

    1マナクリーチャーが増えたことで、より攻撃的になった!《シビレアシダケ》や《青銅の鎧》によって増えたマナから1マナクリーチャーの召喚も狙いやすくなったぞ!《襲撃者エグゼドライブ》を除けばR以下のカードで作成できるので、初心者でも作成しやすい!そして強そうだ!

    なお化け物になった《聖天使グライス・メジキューラ》が怖いので、《火炎流星弾》ではなく《ボルカニック・アロー》を採用している。

    速攻デッキには天敵になりそうだ。

    最後に

    TCGでも長い間活躍してきたカードなので、愛好家も多いだろう。

    リリース後は、様々なデッキで良く見かける事になりそうだな!

    それではまた!


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。