• 【あの頃】から僕たちは、【絶対デュエマ】だったんだ。

    こんにちは!マスキングだ!

    今回も、デュエプレ第3弾『英雄の時空』の新カード考察を行っていくぞ!

    この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 英雄の時空-2-1024x577.png です

    第3弾カードリストはこちら

    今回はDM-10『聖拳編 第1弾 』で初登場した、《邪悪の魔黒デビル・マーシャル》だ!

    《邪悪の魔黒デビル・マーシャル》

    自分のクリーチャー全てに、「攻撃する度相手の手札を1枚捨てさせる」効果を与える進化ゴースト!

    まさに全員ゼリーワーム化計画!

    《卵胞虫ゼリー・ワーム》に苦しめられたことがあるのは、マスキングだけじゃないはずだ!そんな超うざうざクリーチャー《卵胞虫ゼリー・ワーム》の効果を全員に与えちゃう、うざうざのうざうざクリーチャーなのだ!

    進化元は”ゴースト“。

    「今まであまり目にすることのなかった種族だし、どうせ《ダイヤモンド・ブリザード》みたいに弱い進化元しかいないんじゃないの?」

    と思ったそこのアナタ!

    甘い。

    『英雄の時空』では既に、強力な手札破壊効果を持った進化元クリーチャー達の収録が発表されているのだ!

    捨てるカードは 相手が選べるとはいえ、
    単純に手札枚数を減らして選択肢を狭めていくことが強力!
    ドロー&手札破壊!どんな場面でも活躍するクリーチャーだ!
    除去に特化した効果!小型ブロッカーを破壊できるだけでも充分強い!

    サンプルデッキレシピ

    そんな《邪悪の魔黒デビル・マーシャル》を使用したデッキを2つ作ってみたぞ!

    【水闇 手札破壊ビート】

    カード名枚数
    《ブラッディ・イヤリング》4
    《ゴースト・タッチ》4
    《腐敗電脳メルニア》4
    《騒乱の影ウエスタン・バレル》4
    《アクアン》4
    《汽車男》4
    《腐敗電脳アクアポインター》4
    《アクア・サーファー》4
    《邪悪の魔黒デビル・マーシャル》4
    《デーモン・ハンド》4

    派手なカードは無いが、地味に堅実に相手を追い詰めていくタイプのデッキだ!

    序盤はシールドへの攻撃は控えつつ手札破壊に専念し、《邪悪の魔黒デビル・マーシャル》を召喚できたら、並べていたクリーチャー達で少しずつシールドを攻撃していこう!

    【光水闇 手札破壊ビート】

    カード名枚数
    《ゴースト・タッチ》4
    《騒乱の影ウエスタン・バレル》4
    《電脳聖者タージマル》4
    《アクアン》4
    《汽車男》4
    《光器ペトローバ》3
    《腐敗電脳アクアポインター》3
    《ホーリー・スパーク》3
    《アクア・サーファー》4
    《邪悪の魔黒デビル・マーシャル》3
    《デーモン・ハンド》4

    こちらは光文明の力も借りて、《光器ペトローバ》による”ゴースト”全体のパワーアップや、《ホーリー・スパーク》によるタップキルも狙えるようにした形だ!

    高レアリティカードをふんだんに使用しているから、マスキングには到底作れないぞ!

    最後に

    手札破壊はただでさえ強いのに、第3弾環境ではゴーストを主体とした新たな手札破壊デッキが台頭してきそうだ!

    《アクアン》や《アストラル・リーフ》といったドローカードは手札破壊の対策カードにもなり、引き続き環境で活躍しそうだな!

    とはいえ、レアリティが高くて中々集められない。他にも何か良い対策方法があればいいよな・・

    《緑神龍アーク・デラセルナ》や《斬隠蒼頭龍バイケン》みたいなカードが登場してくれると助かるぜ!

    Youtubeでも色々しゃべって紹介してみたので、こっちも見てくれると嬉しいぞ!

    それではまた!


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。