• 【あの頃】から僕たちは、【絶対デュエマ】だったんだ。

    こんにちは!マスキングだ!

    今回も、デュエプレ第3弾『英雄の時空』の新カード考察を行っていくぞ!

    この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 英雄の時空-2-1024x577.png です

    第3弾カードリストはこちら

    今回はDM-12『聖拳編 第3弾 魔封魂の融合』で初登場した、《緑神龍アーク・デラセルナ》だ!

    《緑神龍アーク・デラセルナ》

    「相手のターンに手札から捨てられる時、かわりにバトルゾーンに出す。」(通称:マッドネス)能力を持ったアース・ドラゴン!

    なんといっても注目するべきはそのサイズ!6000ものパワーに、W・ブレイカーまで持っている!2ターン目の《ゴースト・タッチ》でコイツを引き当ててしまったら、ほとんど対処できずに殴りきられそうだ!

    おまけみたいにマナ加速効果も付いてるぞ!普通に召喚できる頃には十分にマナは溜まっていると思うが、序盤に自身の能力で出た時にマナブーストできるのはGOOD!これは元々のTCGでは付いていなかったので、単純に強化と言えるだろう!

    元々のはSRのカードだった。

    昨日手札破壊デッキの紹介をしたばかりなのに、手札破壊のメタカードが登場してしまい大いに焦っている・・・

    中でも《騒乱の影ウエスタン・バレル》は、捨てる手札を相手が選べるため、《緑神龍アーク・デラセルナ》を持たれていたら確実に出されてしまう、諸刃の剣カードになってしまった・・・

    環境へ与える影響

    《緑神龍アーク・デラセルナ》の登場は、環境にも大きな影響を及ぼすはずだ!

    手札破壊カードを使う場合は常に、「相手の手札に《アークデラセルナ》がいるかもしれない・・・」と警戒する必要が出てくるぞ!

    先述の様に、無闇に序盤に発動した《ゴースト・タッチ》で引き当ててしまったら、それだけで負けに繋がりかねない!

    他にも、相手の手札が沢山あったら迷わず発動していた《ロスト・ソウル》。これから、《緑神龍アーク・デラセルナ》が4体出てくるかもしれない。

    「相手のデッキに採用されているのかどうか」「相手が手札に持っているのかどうか」常に気にする必要が出てきそうだ・・・。

    とはいえ「このカードを恐れて手札破壊を使わない」というのも勿体ない。「何体までなら出てきても対処できそうか」「出てくる可能性と手札破壊が決まった時、どちらのリターンが大きいのか」など色々考える事が生じ、ゲームの駆け引きの幅が広がりそうだ。

    採用されそうなデッキ

    とはいえ《緑神龍アーク・デラセルナ》はデッキの主軸に据えるようなカードかというと、そうではないだろう。

    様々なデッキで、1~2枚採用される形に落ち着きそうだ!自然が入ったデッキは勿論、手札破壊が流行るようなら自然が無くてもこいつだけ採用するといったことも十分に考えられる!

    【連ドラ】系統のデッキは《龍の呼び声》や《紅神龍バルガゲイザー》とも噛み合い、すんなり採用できる。《超竜バジュラ》の進化元にすることもできるぞ!

    水火自然中速ビートダウン】でも活躍しそうだ!《二角の超人》で回収することで、相手の手札破壊カードの使用を躊躇わせることができるぞ!

    【火自然速攻】の様なデッキに採用するなんてのもアリかもな。「【速攻】デッキを相手にする際は手札破壊が効果的」という定石を逆手に取る戦法だ!(ただし、自分のターンに攻撃して発動されたS・トリガーの《ゴースト・タッチ》や《汽車男》の効果で捨てられた時は、《緑神龍アーク・デラセルナ》は場に出ないので注意!)

    TCGでは【除去ボルバル】デッキに採用され、大活躍していたぞ!

    最後に

    新たな能力を追加し、強化されて登場した《緑神龍アーク・デラセルナ》。

    このカードが存在するという事だけで、環境に影響を及ぼすカードになっていくだろう!

    第3弾以降の環境では、手札破壊使いが阿鼻叫喚する姿が目に浮かんできそうだ・・・。

    また、当サイト「あの頃デュエルマスターズ!」ではYoutubeチャンネルを開設したぞ!

    本物のカードを使用してリリース前の新カードの紹介をしていたり、デッキ紹介対戦動画なんかもUPしていこうと思っている!

    最新弾がリリースされた後、分解するカードや生成するカードの参考になるかもな!

    Youtubeも合わせてチェックしてみてくれよ!

    昨日発表されたもう一枚のカード《彗星の精霊リムエル》を紹介しているぞ!

    それではまた!


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。