• 【あの頃】から僕たちは、【絶対デュエマ】だったんだ。

    このページでは、シティバトルに登場するCOMが使用するデッキをまとめています。戦う際やデッキ構築の参考にしてください。

    現在登場中

    忍者 コタロウ『忍の超高速任務』

    前編【悪魔の如き猛襲】

    闇火自然のビートダウン。目立って強力なカードは少ないですが、バランス良く構築されています。S・トリガークリーチャーやスピードアタッカー、《冥府の覇者ガジラビュート》等で計算をずらされることもあるので、注意しましょう。

    火の守護者 グレン『泣きっ面に・・・?』

    前編【泣きっ面に・・・?】

    火単【ウェーブストライカー】。ウェーブストライカー以外のクリーチャーは登場時に破壊能力持ちの物が多いので、小型を習えるデッキだと苦戦する可能性があります。

    バケツマン『最高を手にする道』

    前編【生まれ変わったドラゴン】

    火自然の【ペンチカチュア】。採用されているドラゴンは、デュエプレで能力が強化されたものばかりです。《マイキーのペンチ》→《幻想妖精カチュア》はもちろん、《スクランブル・ブースター》を絡めた動きにも注意が必要です。特に《緑神龍ダクマバルガロウ》は平然と5枚ブレイクをしてくるので、一瞬で勝負を決められる危険があります。

    キャラ別デッキ集

    シティの住民

    マジシャン ミリア『マジカルマジシャン』

    前編【へんしん☆イリュージョン】

    《電磁無頼アカシック・サード》で大型を踏み倒すデッキ。かと思いきや入れ替え先は1マナ~12マナと多岐にわたっています。運が良ければ《予言者クルト》や《黒神龍ブライゼナーガ》に代わって一気に有利になるかも・・・?あなたは《電磁無頼アカシック・サード》とバトルしますか?

    中編【】

    後編【】

    料理人 アルバーノ『リストランテの日常』

    前編【ムキムキベジタブル】

    野菜っぽいクリーチャーを中心に組まれた【ウェーブストライカー】。《マッチョ・メロン》は放っておくと厄介です。相手は《鼓動する石版》や《パワー・チャージャー》でパワーを上げてくるので、不意の殴り返しには注意しましょう。

    中編【】

    後編【】

    メイド チロル『休息の時間』

    前編【あくまで天使!?】

    光と闇のエンジェル・コマンド&デーモン・コマンドデッキ。《悪魔聖霊アウゼス》を活かせるように、タップカードが多く採用されています。単体で強いカードは少ないですが、【速攻】で周回する場合はS・トリガー《煉獄の巨兵グアルダ》に注意。

    中編【】

    後編【】

    忍者 コタロウ『忍の超高速任務』

    前編【悪魔の如き猛襲】

    闇火自然のビートダウン。目立って強力なカードは少ないですが、バランス良く構築されています。S・トリガークリーチャーやスピードアタッカー、《冥府の覇者ガジラビュート》等で計算をずらされることもあるので、注意しましょう。

    中編【】

    後編【】

    ポップガール キャンディ『』

    前編【】

    中編【】

    後編【】

    五守護

    光の守護者 エレナ『エレナさんは忙しい』

    前編【鉄壁の波動】

    光単色の【ウェーブストライカー】。単色デッキなので種類は限られていますが、SRの《星雲の精霊キルスティン》がいる点に注意。プレイヤーのターン中はアンタップされていたりパワーが上がっていたりするので、確定除去カードで少しずつ頭数を減らして戦いましょう。

    中編【】

    後編【】

    水の守護者 カイト『理系男子』

    前編【再生する波動】

    水単色のウェーブストライカー+リキッド・ピープル。除去耐性のあるクリーチャーも多いですが、小型クリーチャーを細かく除去していきましょう。《アドラス》の能力発動を許すと、一気に展開され劣勢に陥るかもしれません。

    中編【】

    後編【】

    闇の守護者 ルカ『マイペースお嬢様』

    前編【冥界の支配者】

    闇単ブレイン・ジャッカー除去コン(?)。《凶星王ダーク・ヒドラ》が”ブレイン・ジャッカー”を回収するという滅多に見られない瞬間を目撃することが出来ます。だからといって、強い要素は無いのですが。

    中編【】

    後編【】

    火の守護者 グレン『超熱血教師グレン』

    前編【泣きっ面に・・・?】

    火単【ウェーブストライカー】。ウェーブストライカー以外のクリーチャーは登場時に破壊能力持ちの物が多いので、小型を習えるデッキだと苦戦する可能性があります。

    中編【】

    後編【】

    自然の守護者 チュリン『』

    前編【】

    中編【】

    後編【】

    レジェンドデュエリスト

    黄昏ミミ『目指すはアイドル!』

    前編【黄昏巨人軍】

    王道の【水自然ドルゲーザ】。《二角の超人》の枚数が抑えられている代わりに、序盤の動きが厚くなっています。とはいえ無駄なカードが無く、ベストな動きをされたら手が付けれなくなりそうです。《西南の超人》の処理を最優先に戦いましょう。

    中編【】

    後編【】

    邪藩牛次郎『Zリスト』

    前編【無限の戦術】

    水単のサイバーロード&リキッド・ピープル。進化の選択肢が豊富なデッキです。速攻だと《クリスタル・ブレイダー》や《アングラー・クラスター》が重いかもしれませんが、《火炎流星弾》の通りは良さそうです。

    中編【】

    後編【】

    バケツマン『最高を手にする』

    前編【生まれ変わったドラゴン】

    火自然の【ペンチカチュア】。採用されているドラゴンは、デュエプレで能力が強化されたものばかりです。《マイキーのペンチ》→《幻想妖精カチュア》はもちろん、《スクランブル・ブースター》を絡めた動きにも注意が必要です。特に《緑神龍ダクマバルガロウ》は平然と5枚ブレイクをしてくるので、一瞬で勝負を決められる危険があります。

    中編【】

    後編【】


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。