• 【あの頃】から僕たちは、【絶対デュエマ】だったんだ。

    ※本記事のレシピ中のカードはすでに各媒体で実装が確認できている物から採用していますが、参考にしたものが開発中の画面のため、リリース時には変更になる可能性があることをご了承ください。また、入手枚数が限られているカードがある可能性などもありますが、その辺りは考慮できていない点も合わせてご了承ください。

    デッキレシピ

    リスト内【キング・ケーレ】は新規カード【キング・ケール】の代用。
    詳細はデュエプレ実装カードリストへ。

    コンセプト

    豊富な除去カードで相手のクリーチャーを除去しつつ、《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》を召喚して安全にシールドをブレイク!

    速攻デッキにはS・トリガーで時間を稼ぎ、コントロールデッキには手札破壊やドロー呪文でしぶとく戦おう!

    各カードの役割

    《ブラッディ・イヤリング

    2マナと低コストながら、パワーは4000もあるブロッカー。バトルの後に破壊されてしまうが、序盤の《凶戦士ブレイズクロー》や《小さな勇者ゲット》などと相打ちすることができるぞ!S・トリガーが豊富とはいえ、シールドに埋まっていないこともあるので序盤のクリーチャーはこいつで除去しよう!終盤でも相手の攻撃を一回分防ぐことができ、無駄にならない強力カードだ!

    《襲撃者エグゼドライブ

    自分のターン終了時、手札に戻るスピードアタッカー。速攻デッキでは”殴り返されないアタッカー”として強力なカードだけど、このデッキでは、繰り返し使える”パワー3000未満のタップしている相手クリーチャーを1体破壊”の除去カードとして扱うことができるぞ!

    ゲーム用に少し効果が調整されている。

    《汽車男》

    S・トリガー持ちの手札破壊クリーチャー。相手の手札が沢山あるときに召喚しても効果は薄いけど、終盤になって相手が強力なカードを持っていそうなときに手札破壊できると効果バツグンだ!また速攻デッキは手札が足りなくなることが多いので、S・トリガーで召喚できると相手の攻撃の手を遅らせることができるぞ!時間を稼いで強力カードにつなげよう!《凶戦士ブレイズクロー》や《喧嘩屋タイラー》等と相打ちを取れれば最高だ!

    《地獄の門番 デスモーリー

    自分のクリーチャーを一体破壊した後、相手に自身のクリーチャーを一体破壊させるクリーチャー。沢山クリーチャーを並べてくる相手だと目当てのクリーチャーを破壊することは難しいが、頭数を減らせるだけでも十分強力!さらに相手の場が1体だけなら、苦労して召喚した《聖霊王アルカディアス》等の切り札級クリーチャーも破壊できるぞ!《聖霊王アルカディアス》は光以外の呪文を封じるけど、デスモーリーにかかれば怖くない!デスモーリー自身を破壊して効果を発動するだけではなく、S・トリガーで召喚した《汽車男》や《アクア・サーファー》を破壊することで、よりパワーが高いクリーチャーを残せることも覚えておこう!

    パワーが微調整されているが、環境に躍り出てくるであろう強力なクリーチャー。

    《キング・ケール》《アクア・サーファー》

    バトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを手札に戻すことができるクリーチャー。《キング・ケール》はブロッカーが付いているので、相手の頭数を減らしつつ攻撃を防げる強力カードだぞ。《アクア・サーファー》にはS・トリガーが付いているので、シールドから召喚して相手の計算を狂わせよう!どちらも防御寄りのカードだけど、《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》で攻撃する時に相手のブロッカーをどかしたり、《聖霊王アルカディアス》を除去できたりと様々なシーンで大活躍すること間違いなしだ!

    《バルキリー・ドラゴン

    バトルゾーンに出た時、山札から”アーマード・ドラゴン”(このデッキではボルメテウス)を1枚手札に加えるドラゴン。なぜ1枚だけ入っているのか、不思議に思った人も多かったんじゃないか?ここは4枚目の《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》でも良かったけど、こいつは、”バトルゾーンに高パワーのW・ブレイカーを残したまま後続のドラゴンを準備できる”という強さを持っている。相手に「次のターンに出てくるボルメテウスを破壊したいけど、そうするとバルキリーを破壊できない・・・」といったジレンマを与える事ができるのだ!これは好みの部分が大きいけど、マスキングは”後続に繋がる強力なドラゴン”として《バルキリー・ドラゴン》を高く評価しているぞ!

    デュエプレでは新キーワード”探索”効果へ変更!このデッキはアーマード・ドラゴンが他に《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》しか入っていないため、確実にサーチできるぞ!

    “探索”は該当ゾーンからランダムに選ばれた対象の中から一枚を選択する効果。

    《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン】

    言わずと知れた切り札カード。デュエルマスターズの逆転要素”S・トリガー”を完全に無効化するぞ!せっかく召喚してもすぐに破壊されると悲しいから、《ロスト・ソウル》で相手の除去手段を封じた後に召喚できるとベストだな!

    《エナジー・ライト》《ネオ・ブレイン》

    手札補充カード。手札の多さはそのまま選択肢の多さに繋がるので、非常に大切だ。4枚だけだと心細いので、5枚目のドローカードとして《ネオ・ブレイン》を採用したぞ。S・トリガーが付いている方が強そうに見えるけど、”シールドからトリガーするのを待つより手札から積極的に唱えていきたいカード”なので、コストが低い《エナジー・ライト》を優先しているぞ!

    《トルネード・フレーム》

    パワー4000以下のクリーチャーを破壊できるS・トリガー呪文だ!あえてこのカードを採用した理由は、破壊したいパワー4000クリーチャーが明白だからだ!そいつは、《光輪の精霊 ピカリエ》だ!

    登場時ドロー効果を持つ”エンジェル・コマンド”

    《聖霊王アルカディアス》を主軸としたデッキに間違いなく採用されるであろう優秀な進化元だけに、すぐにマナに埋めてしまわず温存して、確実に除去していきたい。もちろん、速攻デッキ相手にもS・トリガーすると強力だ!

    《デーモン・ハンド

    デュエルマスターズを代表するような除去呪文。手札から相手の《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》や《大勇者「ふたつ牙」》といった大型クリーチャーに使用するもよし、S・トリガーで相手の頭数を減らすもよしな万能除去カードだ!

    《バースト・ショット

    小型クリーチャー一掃呪文。速攻デッキ相手にS・トリガーで発動できれば一気に優位に立てるぞ!自分のクリーチャーも巻き込む点は注意しよう!

    《ロスト・ソウル》

    相手の手札を全部破壊する強力呪文。8マナとコストが重いが、それに見合った性能だぞ!手札がないと、反撃も防御もできないため、《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》を召喚してゲームエンドだ!

    採用候補カード

    他にも、このデッキへの採用を検討したカードをご紹介!

    ズバリ、”墓地からクリーチャーを手札へ回収するカード”だ!

    墓地からの回収も探索に。

    相手の《ロスト・ソウル》や《汽車男》で召喚前の《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》を墓地に置かれてしまったり、せっかく召喚しても《デーモン・ハンド》等で破壊されてしまうと、決め手に欠けてしまう。そんな場合に備え、墓地からクリーチャーを手札に戻すカードがあると万全だよな!

    1枚だけでも強力だけど、複数採用することで《ギガルゴン》で《ギガルゴン》できるようになるぞ!長期戦で真価を発揮する!!

    最後に

    デュエプレ用の【除去ボルメテウス】はいかがだったかな!

    今回のデッキは、特に速攻デッキとアルカディアスデッキを念頭に置いて作成してみたぞ!簡単に解説してみたけど、実は扱うのが難しい【除去コン】という部類のデッキなんだ!

    当サイトでは他にも”あの頃”のデッキレシピや”最新環境”のデッキレシピなども紹介しているから、是非見ていってくれよな!→(デッキレシピはコチラ

    記事によって文調が変わっているのは仕様だぞ!

    今後もどんどんデュエプレ用のデッキを作って紹介していくぞ!リリース前から情報を集めて、全国のライバルに差をつけよう!!

    それではまた!


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。