• 【あの頃】から僕たちは、【絶対デュエマ】だったんだ。

    デッキレシピ

    カード名枚数
    《鎮圧の使徒サリエス》2
    《ゴースト・タッチ》4
    《ダーク・リバース》1
    《翡翠樹》1
    《ファントム・バイツ》2
    《光輪の精霊 ピカリエ》4
    《汽車男》4
    《デス・スモーク》2
    《暁の守護者ファル・イーガ》2
    《雷鳴の守護者ミスト・リエス》3
    《トルネード・フレーム》2
    《聖霊王アルカディアス》1
    《デーモン・ハンド》4
    《バースト・ショット》4
    《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》3
    《ロスト・ソウル》1

    光闇火の3文明で構築した、ボルメテウスコントロールデッキだ!

    水文明を採用しない分色事故を起こしにくくなっているのが特徴だ!後半に使用できれば充分な火文明のカードの枚数も抑えているぞ。

    《光輪の精霊 ピカリエ》は言わずもがな、3枚採用された《雷鳴の守護者ミスト・リエス》が強力だ。水文明不採用によるドロー不足を、充分すぎるほどカバーしている!

    また、従来では《勇神兵エグゾリウス》やが採用されている枠に《汽車男》が採用されている。同じく4枚採用の《ゴースト・タッチ》と合わせ、現環境では細かな手札破壊が有効だと判断したためだろう。

    実際、リリース直後に流行っていた【青単リキッド・ピープル】の《ストリーミング・ビジョン》や《トリプル・ブレイン》は最近見かける機会が減った。代わりに《アクア・ハルカス》《ペコタン》といった登場時1ドロークリーチャーが多い印象だ。同じドローカードではあるが、”手札を増やすカード”と”手札を減らさないカード”という大きな違いがあるぞ!

    最後に

    以上のようにマスキングが思ったところを書き綴ってみたが、実際のところ詳細な採用理由はわからない!

    だが流石はスリービー選手。プレイングは勿論ながら、構築もしっかりと練られていることだろう!今後の活躍にも期待だぞ!


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。