• 【あの頃】から僕たちは、【絶対デュエマ】だったんだ。

    マスキング式除去ボルメテウス解説

    デッキコンセプト

    《デーモン・ハンド》の様なクリーチャーを破壊するカード、《汽車男》の様な手札を破壊するカードを使用して相手の攻撃を封じていき、反撃の手段を摘み取った上で勝利するデッキ。

    基本的に1枚のカードで相手のカードを1枚ずつ除去していくので、相手の全てのカードを破壊しつくすのは難しい。除去カードは効果ができるだけ影響が大きいところで使用する必要があり、使いどころは冷静に見定める必要がある。

    狙う勝利方法のイメージは、『ボルメテウス・ホワイト・ドラゴンで攻撃して勝利する』>『相手のデッキ切れで勝利する』>>>>>>>>>>>>>>>>『《勇神兵エグゾリウス》や《汽車男》等で少しずつ攻撃して勝利する』といった具合に、デッキ切れ勝利を狙うことは多い。

    デッキタイプの特性上長期戦になることも多く、わざわざ相手の《アクア・ハルカス》《光輪の精霊 ピカリエ》を手札に戻して再度召喚させ、ドローさせることもある。

    採用カード解説

    狩猟魚》:速攻相手の足止めはもちろん、《卵胞虫ゼリー・ワーム》の攻撃を止めることができるため採用。採用率が高かった《クリスタル・ランサー》に対し有効な《スパイラル・スライダー》を採用するために、枚数を抑えた。

    スパイラル・スライダー》:《クリスタル・ランサー》をバトルゾーンからどかせるカードが少なかったため採用。進化クリーチャーは基本的に召喚されたターンに攻撃してくるため《デス・スモーク》が効かない。《機神装甲ヴァルボーグ》《機神装甲ヴァルディオス》《勇神兵エグゾリウス》《クリスタル・ランサー》も対象にとれる。手札からも使用しやすいので採用した。

    ゴースト・タッチ》:《汽車男》のみではハンデスカードが少なかったため採用。コストが軽いためドロー呪文のついでに使用できる点が高評価。無闇に2ターン目から使うのではなく、相手の手札が少なく、キーカードを落とせそうなタイミングが効果的。速攻相手にトリガーしても攻め手を減らすという意味で強力。

    エナジー・ライト》:シンプルなドローカード。デッキの特性上手札不足になることが多いので、4枚採用。《卵胞虫ゼリー・ワーム》を採用していないため、3ターン目の動きとして大活躍。ミラーでは、ハンデスカードより優先して使用したい。

    幻竜砲》:進化クリーチャーが重いので、《青銅の鎧》《小さな勇者ゲット》《アクア・ハルカス》といった、採用率の高い進化元クリーチャーを破壊するために採用。《卵胞虫ゼリー・ワーム》を除去できるのも嬉しい。火文明の嵩増しとして2枚のみ採用。

    ストーム・クロウラー》:探索ではあるが、数少ないマナ回収カード。パワー5000のブロッカーという点も、《灼熱波》を避けつつ《機神装甲ヴァルボーグ》単体なら相打ちできる点で高評価。序盤にマナに埋めた除去カードやフィニッシャーを後半に回収したい。当初はフィニッシャー回収のため複数枚採用していたが 、回収のランダム要素が大きく、フィニッシャーよりも除去カードを回収する機会が多かった。

    ネオ・ブレイン》:5枚目の《エナジー・ライト》として採用。S・トリガーはたまに役立つが、S・トリガーを狙って採用するカードではない。《ディープ・オペレーション》ではない理由は後述。

    汽車男》:速攻対策にもなるハンデスS・トリガー獣。《凶戦士ブレイズ・クロー》や《喧嘩屋タイラー》《青銅の鎧》等、相打ちを取れるクリーチャーも少なくない。手札・シールドどちらにあっても活躍の機会が多いため4枚採用。

    デス・スモーク》:パワーに関係なく破壊できる点が優秀なため4枚採用。相手の《勇神兵エグゾリウス》《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》といった制圧力の高いクリーチャーを狙いたい。スピードアタッカーや進化クリーチャーには効かない点は注意。

    トリプル・ブレイン》:3枚ドローできる強力なドロー呪文。ビートダウン相手に打つ機会は少なく、ミラーではデッキ切れに近づくため、採用は2枚に抑えた。常にお互いのデッキ残数を意識して発動する必要がある。

    トルネード・フレーム》:《光輪の精霊 ピカリエ》《勇神兵エグゾリウス》を破壊するために採用。特に《勇神兵エグゾリウス》は《デス・スモーク》が効くタイミングが限られるため、重宝した。効果の薄い相手も多いが、破壊したい対象が明確なため、2枠捻出した。

    アクア・サーファー》:S・トリガーで出すことで、登場時効果と殴り返しで一気に2体除去できる強力なクリーチャー。ゲーム終盤でも手札から召喚し、相手の大型クリーチャーを手札に戻して時間を稼ぐことも多い。《聖霊王アルカディアス》を召喚されても対応できる優秀なカード。ビートダウン系のデッキや、《アクア・サーファー》が進化元として活躍するデッキであれば4枚採用するカードだが、 このデッキでは時間稼ぎに過ぎないので、3枚に抑えた。

    デーモン・ハンド》:問答無用で1体破壊できるS・トリガー。S・トリガーはもちろん、タップされてるクリーチャーを破壊できる点が強力。進化クリーチャーや《ツインキャノン・ワイバーン》を破壊したいため、序盤でドローしてもすぐにマナへ置かないように注意したい。どのデッキ相手にも活躍するため、4枚採用。

    勇神兵エグゾリウス》:アンタップされているクリーチャーを攻撃できる強力なクリーチャー。6マナというコスト帯も使いやすい。《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》すら相打ちにできる。ミラーでは先出ししたほうが一方的にバトルに勝てる。相手の除去カードを使わせ、《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》に繋げるという役割でも優秀。 元のパワーは4000のため《光輪の精霊 ピカリエ》に殴り返される点と、W・ブレイカーを獲得したために1枚ずつ盾を割ることができない点は注意。 当初は3枚採用していたが、相手の先出し《勇神兵エグゾリウス》を対処できない事も多かったので、1枚《トルネード・フレーム》に回した。

    バースト・ショット》:お互いの場の小型を一掃するS・トリガー。自分が巻き込まれて困るクリーチャーは採用しておらず、相手のパワー3000帯に脅威となるクリーチャーもいなかったため《灼熱波》ではなくこちらを採用した。もしも《卵胞虫ゼリー・ワーム》を採用していた場合は、一方的に相手の《鎮圧の使徒サリエス》等のパワー3000ブロッカーを破壊できるため《灼熱波》を採用した。

    ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》:フィニッシャー。除去カードを他のクリーチャーに使わせた後や、手札を破壊しつくした後に召喚したい。2枚採用を検討したが、序盤のドロー呪文を増やしたかった事と、勝利に必須では無いため、1枚に抑えた。

    ロスト・ソウル》:ミラーではお互いにドローを優先するため、お互いに手札に除去カードを抱えてゲームが膠着することが多い。手札維持のためマナセットもスキップする場合が多く、後攻でも相手より早く8マナに到達できる。《勇神兵エグゾリウス》や《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》の召喚前に発動できれば最高だが、上手くいくことは少ない。お互いに除去を打ち尽くしてドローゴー合戦になったゲーム後半に叩きつけることが多かった。使用タイミングは限られるが、ミラーの勝率をあげるために1枚採用。

    不採用カード解説

    光文明

    《光輪の精霊ピカリエ》を筆頭に強力なカードは多いが、(ハンデスが多い環境では特に)マナに文明が足りない事態も多く発生したため、デッキの文明を絞るために不採用。

    《鎮圧の使徒サリエス》《碧玉草》:速攻対策。《卵胞虫ゼリー・ワーム》の攻撃も躊躇わせることができる。マナが軽いため、後半も余ったマナで召喚しやすい。《灼熱波》で一掃される点に注意。

    《翡翠樹》:パワー4000のため、相手の《灼熱波》を重く見た場合に採用可能性有り。

    《雷光の使徒ミール》:2マナブロッカーから繋ぎ、相手の小型獣タップキルを狙う。《卵胞虫ゼリー・ワーム》と組み合わせても強力だが、《卵胞虫ゼリー・ワーム》で殴り返せるクリーチャーが単体で立っている状況は少ない。(横にパワーの高いブロッカーがいることが多い)

    《磁力の使徒マグリス》:手札を減らさず展開できるクリーチャー。《クエイク・ゲート》を採用し、クリーチャーでの殴り返しに重きを置いている場合に強力。

    《光輪の精霊ピカリエ》:手札を減らさず展開できるブロッカー。シールドこそ攻撃できないものの、《聖霊王アルカディアス》への進化も匂わすことができ、相手に除去カードを使わせる点が超強力。

    《暁の守護者ファル・イーガ》:墓地から呪文を1枚探索し、回収。呪文を再利用できる効果はとても優秀。パワーも高く、全体除去カードでついでに除去されることが無い。

    《ホーリー・メール》:相手の速攻に除去が間に合わない時や、コントロールし始めたけどスピードアタッカーを引かれたら負けてしまう、といった場面でS・トリガーを埋めることで、時間を稼ぎしつつ除去カードを使用することができる。《クリスタル・ランサー》をごまかせるカード。

    水文明

    除去コンは手札が尽きやすいため、ドローカードは必須となってくる。除去カードも豊富なので、よっぽどの理由がない限り採用される文明。

    《アクア・ハルカス》:手札を減らさず展開できるクリーチャー。小型のため、速攻相手の殴り返しを狙うこともできる。《クリスタル・ランサー》の進化元になるが、《灼熱波》《バースト・ショット》等で破壊されることが多い。

    《ペコタン》:手札を減らさず展開できるクリーチャー。《バースト・ショット》は避けるが《灼熱波》圏内。《ミラージュ・マーメイド》と共に採用する可能性も。《クエイク・ゲート》を採用し、クリーチャーでの殴り返しに重きを置いている場合に強力。

    《一角魚》:登場時相手を1体バウンスできるクリーチャー。時間稼ぎにはなるが、4マナの除去カードは《デス・スモーク》や《死の宣告》があるため優先度は低い。

    《アクア・スナイパー》:一気に2体バウンスできるW・ブレイカー。8マナと重いが、召喚できたら強力。

    《クリスタル・ランサー》:《アクア・ハルカス》《アクア・サーファー》から進化し、《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》や《ツインキャノン・ワイバーン》を殴り返したり、フィニッシャーになる可能性がある。

    《ディープ・オペレーション》:場合によっては《トリプル・ブレイン》よりドローできるが、状況を選ぶため安定性に劣るカード。ドローしすぎてもデッキが切れる可能性があるため、ドロー枚数が安定している《ネオ・ブレイン》を採用した。実際に相手が《ディープ・オペレーション》を使用したためにLOした試合は幾度もあった。

    闇文明

    《卵胞虫ゼリー・ワーム》:攻撃する度ハンデスできる効果は強力で、フィニッシャーにもなりうるクリーチャーだが、パワー3000のブロッカーの採用率が高く、《クエイク・ゲート》は

    《呪いの影シャドウ・ムーン》:《卵胞虫ゼリー・ワーム》《汽車男》のパワーを底上げし、除去から守れる点は優秀。ただ、単体ではアドバンテージを生み出せないカードであったため不採用。もともと優勢の時に更に優勢に立つカードに感じた。

    《ギガルゴン》:ハンデスされた《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》の回収はもちろん、《汽車男》を回収して次ターンのハンデスに繋げる等、柔軟な働きをする強力カード。マナが重く、腐ることも多かったため不採用。

    《ダーク・リバース》:軽量の墓地回収はミラーで非常に強力だが、速攻やビートダウンに役割が薄い。すべてのデッキに役割を持てる妨害を増やしたかったため、枠を《ゴースト・タッチ》に回した。

    《ファントム・バイツ》:能力的には《幻竜砲》より優秀だが、相手クリーチャーのパワーを下げて戦闘で破壊したいという状況が少ないため、火マナを生み出せる《幻竜砲》を優先した。

    《死の宣告》:低コストながらタップされているクリーチャーも破壊できるS・トリガーという点では優秀。実際は、ここぞという時に役に立たないことも多い。《ディープ・オペレーション》同様、相手依存の安定しないカードと感じたため不採用。

    火文明

    パワーが低いクリーチャーを一掃できる呪文や、タップされていないクリーチャーをアタックできるクリーチャー等、1枚で複数のカードを除去できるカードが豊富。1対1交換が多くなりがちな除去コンに置いて、1対複数交換を狙える点が優秀。

    《襲撃者エグゼドライブ》:毎ターン手札に戻るスピードアタッカー。タップされているパワー2500以下のクリーチャーなら繰り返し除去できるが、《鎮圧の使徒サリエス》等のパワー3000ブロッカーが蔓延しているため活躍の機会が少ない。

    《メテオザウルス》:《超巨岩獣ドボルガイザー》を主力とするデッキなら、除去効果持ちの進化元兼攻撃要因として非常に強力。このデッキではバトルゾーンに残す意味が大きくないため、《幻竜砲》を優先させた。

    《ガトリング・ワイバーン》:1マナ重くなったものの、殴り返しや《トルネード・フレーム》に強くなった《勇神兵エグゾリウス》。《勇神兵エグゾリウス》の6マナが非常に便利かつ、7マナでは《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》を召喚したいため、不採用。

    《クリムゾン・ワイバーン》:すべてのブロッカーを破壊するクリーチャー。自分のブロッカーも破壊する点に注意。豪快な能力だが、他のカードで間に合うことが多い。

    《ボルカニック・アロー》:シールド1枚と引き換えに2マナでパワー6000まで破壊できる軽量除去カード。《機神装甲》系の進化クリーチャーを破壊できる点は優秀だが、盾1枚の犠牲を重く見た。《スパイラル・スライダー》で事足りることも多かったため不採用。

    《クエイク・ゲート》:バトルゾーンが硬直したときに一気に優勢に立てるカード。光の軽量ブロッカーや《卵胞虫ゼリー・ワーム》が複数並んでいる状態で発動できると、相手の小型クリーチャーを破壊しつつハンデスできるので非常に強力。 どちらも採用していないので今回は不採用。

    《灼熱波》:ミラーの小型ブロッカーやドロー効果持ちクリーチャーを一掃できる点は優秀だが、自分の盾1枚を犠牲にする点を嫌った。《クリスタル・ランサー》が流行している環境では盾が1枚残っているかどうかはとても大きいため。光文明を入れて《ホーリー・メール》を採用しているなら、このカードも採用したかもしれない。

    《ドリル・トラップ》:パワー6000ラインで特段破壊したいクリーチャーがいなかったため不採用。《機神装甲》系クリーチャーを重く見るなら採用可能性有。

    自然文明

    マナ送り除去は再利用されにくい点で優秀だが、他のカードに比べて特筆するほど強力なわけでもないため不採用。マナブーストも不要。

    最後に

    【除去ボルメテウス】デッキの採用カード解説はどうだったかな!?

    もちろんマスキングの考えが全部正しいわけではないけど、少なくともマスキングはデッキの中の全てのカードに『ハッキリした採用理由』があるぞ!

    自分でデッキを組む時も、デッキに入れるカードになにかしら理由を考えてみよう!

    もちろん、”1枚しか持っていないから“や”かっこよくて活躍させたいから“というのも立派な採用理由だぞ!!

    マスキングもよくやるけど、”なんとなく近くにあったから“という採用理由は減らしていこうな!

    デュエルマスターズ プレイス リリースは2019年冬予定!待ち遠しいぜ!

    それではまた!


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。